ぼっちオバサン食堂

<   2018年 07月 ( 41 )   > この月の画像一覧

ズッキーニのおかか炒め(2つ)

e0264003_10014030.jpeg
ズッキーニは好みの厚さにスライスし、胡麻油でソテーする。両面に少し焦げ目が付いたら、濃縮タイプの麺つゆ(原液で)1 : 醤油1 の割合で混ぜて適量を加え、鰹節(適量)をふる。直ぐにズッキーニに調味料が馴染むので、出来上がり。麺つゆの甘味・鰹節の旨みで美味しかったです!111.png
胡麻油ではなくバターでも同様に料理してみたが、こちらも美味しかったです!111.png

[PR]

ゴーヤのすっきり佃煮風

e0264003_23272610.jpeg
水(適量)・和風だし顆粒or 鰹節(適量)に、酢1 : 醤油2〜4 の割合で加える。これで、スライスしたゴーヤを強火でサッと煮る。すぐに火が通るので、粗熱が取れるまでおくと佃煮のような色になる。汁気を切ってゴーヤだけを器に取り、胡麻油(少量)・ゴマを加えて混ぜる。101.png 勿論、温かい内に食べると酸味が強い。冷めてから頂くと、とてもすっきりとした味で美味しかった!111.png
汁気が余ったので、もう一度スライスしたゴーヤを投入!今度は砂糖(適量)を加えて煮てみたが、こちらも美味しかった!111.png どちらも、お弁当にもOKです。110.png

[PR]

トマトとツナの冷製パスタ(2種類)

e0264003_13055705.jpeg
ネットで見掛けたレシピを、自己流に色々変えて考えて冷製パスタを2種類作ってみた。101.png
プチトマト(適量)は4〜8等分に切る。ツナ缶(70g)は油をザッと切る。缶の油の半分位は使って大丈夫。醤油(大さじ1)に柚子胡椒(チューブ4cm位〜)をよく溶き、ツナ缶・プチトマトを和える。ここへ、茹でて水で冷ましたパスタ(乾100g分)を加えて皿に盛り、千切りの青じそ(適量)をトッピングする。美味しかったです!111.png

上記の「醤油&柚子胡椒」の代わりに、ポン酢(大さじ1強〜)で味付けしても美味しかった!111.png 又、そこへ胡麻油(少量)を加えても美味しかったです!111.png

[PR]

ごぼうのピーナツバター和え

e0264003_23172493.jpeg
ピーナツバターはたまに使うが、いつも残りがちなので考えてみたレシピ。101.png
無糖のピーナツバター3 : 醤油3 : ハチミツ(or 砂糖)1 の割合で混ぜ、茹でたごぼうを和える。美味しかったです!111.png

[PR]

枝豆の天麩羅

e0264003_00385773.jpg
以前に作った「とうもろこしの天麩羅」が美味しかったので、枝豆でもトライしてみた。生の枝豆をキッチンバサミと手で、薄皮も剥く。(これが地味に時間が掛かった…) あとはかき揚げにするだけ。塩でも天つゆでも美味しかったが、皮剥きの手間の割に、とうもろこしの時ほどの感動は無かったかも…。とうもろこしは天麩羅にすると甘味がグッと増すが、枝豆は特に…だった。でもホクホクとしていました!111.png

[PR]

そうめんカボチャのガレット風

e0264003_15145345.jpeg
茹でてほぐした金糸瓜(そうめんカボチャ)を見ていたらジャガイモのガレットを思い出したので、金糸瓜でもトライしてみた。でもデンプンのある千切りジャガイモと違って、こちらはもう茹でてしまっている…。固まらないかもしれないがトライ!105.png
バター少量で慎重にソテーしてみると…やはりジャガイモほどは固まらないが、ヘラで裏返す事は出来た。少し焦げ目を付けて完成。塩少々をふって食べても、そのまま食べてもOK。少し甘くて美味しかったです!111.png
e0264003_13490531.jpeg
e0264003_15594988.jpeg

[PR]

ミョウガだれのつくね

e0264003_23264045.jpeg
ミョウガ(多め)は粗みじん切りにし、耐熱の器に入れておく。お好みの挽き肉で、つくね(or ハンバーグ)を焼き、皿につくねを盛る。フライパンに残った脂は捨てずに、みりん1 : 醤油1 の割合で加えサッと加熱し、ミョウガの器に注ぐ。つくねにミョウガだれを掛けて頂くが、ミョウガはたっぷり乗せるのがオススメ!香りが良く、美味しかったです!111.png このミョウガだれは、豆腐・蒸し鶏・生野菜などに掛けても美味しいと思う。110.png
e0264003_23274726.jpeg

[PR]

ワサビ入りかぼちゃサラダ

e0264003_17203419.jpg
「マスタード入りかぼちゃサラダ」が美味しかったので、今回はワサビ入りかぼちゃサラダを作ってみた。101.png かぼちゃは親指の頭位の大きさに切り、レンチンする。マヨネーズ4〜5 : ワサビ1 : 醤油1 の割合でよく混ぜ、かぼちゃを和える。かぼちゃはホクホクと甘くワサビがピリッと、醤油が少し和風で美味しかったです!111.png
今回もシンプルにかぼちゃだけのサラダにしたが、勿論、他の食材を加えたらもっと美味しいと思う。(玉ねぎ・きゅうり・ハム・チーズなど) 又、今回の味付けなら、炒めた挽き肉だけを加えるのも良さそう!110.png

[PR]

鶏の味噌ハチミツ漬け焼き

e0264003_07412584.jpeg
甘い味噌漬け焼きが作りたくて、適当に味噌床を混ぜてみた。101.png 味噌1 : ハチミツ1 の割合で混ぜ、鶏もも肉を一晩漬ける。漬けダレをザッとぬぐい、フライパンで中火〜弱火でじっくり焼く。味噌とハチミツだから、焦げやすいので注意。食べてみると…まさに甘味噌!という味付けで美味しかったです!111.png お弁当にも良かった!この味噌床は、豚肉を漬けてもきっと美味しいと思う。110.png
[PR]

鶏ときゅうりのマヨピーナツ和え

e0264003_12083212.jpeg
先日の「ピーナツバターだれ」が美味しかったので、マヨネーズを加えたバージョンでも食べてみた。101.png
ささみor 鶏むね肉は、茹でで手で裂いておく。きゅうりは斜め細切り(気持ち太めがオススメ)。無糖のピーナツバター3 : マヨネーズ3 : 醤油2 : 水1〜2 の割合でよく混ぜ、鶏ときゅうりに掛けて頂く。直ぐに食べても、きゅうりがシナっとしてから食べても美味しかったです!111.png この和えダレは、冷や奴・生野菜・茹で野菜・茹でたにくにも合うと思います。101.png
e0264003_12084833.jpeg

[PR]