人気ブログランキング |

ぼっちオバサン食堂

カテゴリ:パプリカ( 22 )

パプリカのおかか和え

e0264003_16411851.jpg
「ニラのお浸し」が美味しかったので、冷蔵庫にあったパプリカでも作ってみた。101.png パプリカは好みの太さにスライスし、サッと蒸し炒めにする。醤油2 : 胡麻油1 : 鰹節(適量) の割合で混ぜ、パプリカを和える。少しおいて味を馴染ませた方が美味しいです!111.png
e0264003_16411921.jpg


カラフル野菜と鶏のオイスター炒め(2つ)

e0264003_23160539.jpg
パプリカ(赤&黄色)・ズッキーニ・鶏もも肉は、お好みの大きさに切って炒める。オイスターソース2 : 醤油1 の割合で加える。このままでも美味しいが、カレー粉を(上記のレシピに対して1/2の割合で)加えても美味しかったです!111.png
御飯の上に乗せて、お弁当にしても良かったです!110.png

パプリカ入りチョップドサラダ

e0264003_21313323.jpeg
赤パプリカ・黄パプリカは、あられ切りにしてサッと蒸し炒めor レンチンして冷ます。サラダオニオンは粗みじん切り。(普通の玉ねぎなら、みじん切りにして水にさらす) きゅうりと竹輪は、あられ切り。これだけでも良いのだが、今回はスーパーで見つけたコレも加えてみた。101.png
e0264003_19550616.jpg
本当はスープに加える物なのだが、サラダのトッピングにもOKと書いてあったので混ぜてみた。バジルの香りがしてツブツブしていて面白い!キヌア・もち麦・たかきび・アーモンド・ひよこ豆が入っているそう。101.png
和風ドレッシング・胡麻ドレッシング・シーザーサラダドレッシングで食べてみたが、どれも美味しかったです!111.png

パプリカの竹輪炒め

e0264003_00002156.jpg
パプリカと竹輪をスライスし、サラダ油or 胡麻油で炒める。味付けは醤油を少量だけ。コンソメ顆粒or だし顆粒(和風でも中華でも)を少量加えれば尚、美味しいと思う。お弁当のおかずにも良かったです!111.png
出来立てよりもタッパーに保存して2〜3日経った方が、パプリカと竹輪の両方から甘み・旨味が出てきて(コンソメやダシ顆粒を加えなくても)美味しかったと思いました!110.png

唐揚げの野菜ソース(リメイク)

e0264003_21100609.jpg
「スモークサーモンのカルパッチョ」で作ったソースが余ったので、スーパーで買った鶏唐揚げに掛けてみた。美味しかったです!111.png

パプリカのパスタ(3つ)

e0264003_15505204.jpeg
e0264003_15510377.jpeg
赤パプリカ・黄パプリカは、あられ切り。お好みの挽き肉と炒め、醤油(適量)を加えるだけ。パプリカの旨味と甘味があるので、醤油だけで充分に美味しい!111.png 勿論コンソメやダシ顆粒を加えればもっと美味しいと思うし、挽き肉ではなくベーコンでも美味しいと思う。110.png
パプリカと挽き肉は2食分出来たので、翌日は醤油ではなくナンプラーで味付けしてみた。こちらも美味しかったです!111.png カレー粉を加えても美味しかったです!オバサン大満足!

パプリカのキッシュ風

e0264003_23110201.jpeg
パプリカと、冷蔵庫にあったもので即興料理。101.png
卵(1ヶ)・粉チーズ(大さじ1〜1.5位)・竹輪(細かく切り、適量)・青ネギ(小口切り、適量)を混ぜる。フライパンにパプリカの輪切りを置き、中に上記の卵液を注ぐ。パプリカに火が通るよう、じっくりと両面を焼く。卵液が流れ出やすいので、溶き卵に牛乳などは混ぜない方が良いと思う。(オバサンは最初、牛乳を少し混ぜて失敗しました。103.png
このレシピだと薄味だったので、ケチャップを掛けて頂きました。パプリカは甘く、美味しかったです!111.png
粉チーズを混ぜたのが良かったと思うが、プロセスチーズやスライスチーズでも良いと思う。竹輪ではなく、ウインナー・カニカマ・挽き肉でも勿論、美味しいと思う。110.png
e0264003_23112122.jpeg

パプリカのオイマヨ炒め

e0264003_16092558.jpeg
パプリカは好みの形に切り、フライパンでサッと蒸し炒めにする。ここへマヨネーズ1 : オイスターソース1 の割合で加え、再びサッと炒める。出来立ても美味しいが、冷蔵庫で1〜2日おいても美味しいです!111.png

唐揚げのパプリカソース(リメイク)

e0264003_22041632.jpg
「べったら漬け」「赤カブの甘酢漬け」「赤カブの浅漬け」などで残った漬け汁…恥ずかしながら、ちょっと味見してみるとまだ充分に野菜が漬けられる濃度で、オバサンは実は2回漬けている。(いつも一人で食べきれる量しか漬けないから、それで2回漬けられるのかもしれない) 2回目は少し薄めだが、まだまだとても美味しく漬けられる。そして、その後に残った漬け汁は…飲める位の薄〜い甘酢という感じで、ちょっと味見してみると、まだとても美味しい。そこでオバサンは考えた。109.png
パプリカは粗みじん切りにし、お好みの硬さにレンチン。パプリカが熱い内に、上記の「残った漬け汁」に加える。(きゅうりの粗みじん切りも加えると彩りが綺麗)  このパプリカソースの粗熱が取れたら、揚げたて(or 温め直した)鶏唐揚げに掛けて頂く。101.png
今回は市販の鶏唐揚げを使ったが、それがちょうど良かった。味が濃い目の唐揚げに、少し甘めの薄味の野菜ダレがよく合った!パプリカを沢山掛けて、美味しかったです!111.png

パプリカのきんぴら

e0264003_20305332.jpg
赤パプリカと黄色パプリカは細切りにし、レンチン(or フライパンで蒸し炒め)する。砂糖1 : 醤油2 の割合で加え、味が馴染んだら出来上がり。101.png 今回は胡麻を加えたが、鰹節でも美味しいです!111.png