ぼっちオバサン食堂

カテゴリ:紅芯大根( 17 )

赤大根のサラダ(3つ)

e0264003_15510067.jpg
先日は紫大根を料理したが、今回は赤大根が安く買えた。しかし赤大根と言っても、中はどうだろう?中まで赤いのか?それとも白いのか?切ってみると…
e0264003_15510165.jpg
綺麗な赤色だったので、サラダにする事にした。101.png
まずは普通の白い大根と。
e0264003_15510260.jpg
次は貝割れ大根も加えて。市販のドレッシングで頂いたが、どんなドレッシングでも美味しかったです!111.png
醤油・胡麻油を少量ずつ掛けるだけでもOK。
e0264003_15510490.jpg
そして、これまた安く買えた食用菊ともサラダにしてみた。101.png
e0264003_16014322.jpg
こちらも、どのドレッシングでも美味しかったが菊の香りが良く、ポン酢を掛けて頂いても美味しかったです!111.png

[PR]

紫大根を漬け物にして…(6つ)

e0264003_18240510.jpeg
少し前に数日間、部屋を留守にした。前日までに冷蔵庫の生物を整理したが、紫大根が残っていた。サラダにしても食べきれない量…どうしよう?そこで数日後に食べられるよう、漬け物風にしてみた。101.png
紫大根は少し厚めに切り、少量の塩をふる。今回は数日間漬ける予定なので、塩は控えめにした。大根から少し水分が出て来たらザルにあげ(or キッチンペーパーで水分を拭く)、タッパー等に入れて昆布茶顆粒(控えめの適量)をふる。
数日後に食べてみると…美味しいっ!ポリポリと歯応えも良いっ!紫色もちゃんと残っている!113.png

このままの大きさで食べても良いが、この後の料理の為に細長くなるように切ってみた。ちょっとつまんでみると…先程とは違う食感で美味しいっ!111.png 細く切っただけで、こんなに変わるなんて驚きだった。
e0264003_18303256.jpeg
このままでも良いが、胡麻油(少量)を加えても美味しかった!111.png 胡麻を加えても良かったな〜。

次に昆布茶顆粒で漬けた紫大根を、ノンオイルのツナ缶と和えてみた。
e0264003_18362860.jpeg
こちらも、そのままでも美味しいが胡麻油(少量)を加えても美味しかった!111.png

そして最後。昆布茶顆粒で漬けた紫大根と、ノンオイルのツナ缶を混ぜ、マヨネーズ(少量)で和えた。これも美味しかったです!111.png
e0264003_18475183.jpeg

[PR]

紫大根とキュウリのサラダ

e0264003_17342713.jpeg
「紫大根とホタテ缶のサラダ」は色合いが地味だったので、もう少し華やかな紫大根のサラダを作ってみた。101.png
紫大根(千切り)・キュウリ(斜め細切り)・錦糸卵を混ぜ、お好みのドレッシングを掛けるだけ。しかしこれが美味しくて、どんなドレッシングにも合いました!111.png  蒸し鶏or ツナ缶でも美味しかったと思うが、錦糸卵の優しい口当たりが良く、とても美味しかったです!110.png
e0264003_17103569.jpg
e0264003_13254201.jpeg
e0264003_13255719.jpeg
e0264003_19243317.jpeg
e0264003_17344063.jpeg

[PR]

紫大根とホタテ缶のサラダ

e0264003_19073342.jpg
e0264003_13254201.jpeg
e0264003_13255719.jpeg
e0264003_19243317.jpeg
スライス(or 太い千切りに)した紫大根とホタテ缶(固形だけ)を、マヨネーズ(適量)・塩胡椒(少量)で和える。粗挽き黒胡椒でもOK。美味しかったです!111.png
e0264003_19073537.jpg
e0264003_19073657.jpg
e0264003_19073734.jpg


[PR]

紫大根のレモン甘酢漬け

e0264003_11035954.jpeg
e0264003_13254201.jpeg
紫大根が安くなっていたので購入!綺麗な紫色の皮だが、中はどれ程の紫色なのか?もしかして中は真っ白なのか?楽しみに切ってみると…こんな感じ。
e0264003_13255719.jpeg
e0264003_19243317.jpeg
やはりこの色を生かした一品が作りたくて、今回はレモン汁で甘酢漬けにしてみた。101.png
レモン汁(ポッカレモンを使用) 2.5 : 砂糖 3.5 の割合で混ぜ、お好みの形に切った紫大根を漬ける。お好みで、砂糖は3位に減らしても4.5位に増やしてもOK。最初は半分位、大根が浸ってなくても大丈夫。大根から水分が出て来るので、すぐに全部が浸かる。その頃には漬け汁は綺麗なピンク色!113.png (この写真は漬けて1時間位)
e0264003_13252745.jpeg
そしてこれが、漬けて丸1日。
e0264003_11071804.jpeg
酢で作る甘酢漬けよりも優しい味で、美味しかったです!111.png 今回は紫大根を切って直ぐに漬けたが、漬ける前に塩をふり大根を絞ってから漬けても良いと思う。

[PR]

赤大根のツナ和え(2つ)

e0264003_09405971.jpg
旅先の道の駅で買った赤大根だが、小ぶりな物が3本入りだったので色んな料理が出来た!110.png 最後はツナ和えにしてみた。
赤大根は薄いスライスor 少し太めの千切りにする。塩(少量)をふり、シンナリしたら水気を絞りツナと混ぜる。塩(少量)を水(少量)で溶かし、赤大根とツナに、好みの塩加減まで少しずつ加える。
又は…スライスor 切った赤大根に塩はふらず、そのままツナと混ぜる。ここへ醤油(少量)を加える。
どちらも美味しかったです!111.png
e0264003_09410113.jpg


[PR]

赤大根のバター炒め

e0264003_17142833.jpg
以前に紅芯大根をサッと炒めて和風味にして美味しかったが、今回は赤大根をバター(適量)で炒めてみた。色がとても鮮やかなので、味付けは塩胡椒(少量)で。醤油は使わずサッと炒めただけなので、綺麗な色のまま仕上がった。美味しかったです!111.png
e0264003_20204551.jpg

[PR]

赤大根と鶏の和風和え

e0264003_22563745.jpg
赤大根は太めの千切りにし、鶏むね肉は茹でて手で裂く。これを、砂糖1 : 醤油2〜3 の割合で和える。すりごまを加えても美味しかったです!111.png
e0264003_20204551.jpg


[PR]

赤大根とキュウリの中華和え

e0264003_23482610.jpeg
赤大根とキュウリは、少し太めの千切りに切る。胡麻油1 : 醤油2 の割合で和え、胡麻を加える。簡単で、とっても美味しかったです!111.png 直ぐに食べても翌日に食べても、どちらもおススメです!
e0264003_20204551.jpg

[PR]

赤大根と鶏のサラダ

e0264003_20203983.jpg
旅先の道の駅で「赤大根」と表示された小ぶりな大根を見かけた。紅芯大根や赤カブは知っているが、赤大根って何?葉っぱは緑と赤で、赤カブの葉の感じにそっくり。
e0264003_20204404.jpg
e0264003_20204551.jpg
ピーラーで皮を剥くと、その皮も中身も赤カブにそっくり。千切りにした感じも、これまた赤カブ。
e0264003_20205025.jpg
しかし食べてみると、やはり味は大根。そして辛味は薄いので、サラダでパクパク食べられる。今回は茹でた鶏むね肉を手で裂いて、赤大根と一緒に頂いた。胡麻ドレッシングでも和風ドレッシングでも美味しかったです!111.png この赤大根と鶏むね肉をマヨネーズで和え、食パンで挟んでサンドイッチにしても美味しかったです!111.png
あとでネット検索してみたら…赤大根にも色々あるそう。紅芯大根のように「皮は白くて中が赤い大根」、逆にレディサラダ大根のように「皮は赤くて中が白い大根」、今回のように「皮も中も赤い大根」など全てを総称して「赤大根」と言って良いそう。初めて買った赤大根だったけれど、今回のはもしかしたら「紅くるり」という品種かな?と思いました。

[PR]