ぼっちオバサン食堂

カテゴリ:トマト( 15 )

トマトとツナの冷製パスタ(2種類)

e0264003_13055705.jpeg
ネットで見掛けたレシピを、自己流に色々変えて考えて冷製パスタを2種類作ってみた。101.png
プチトマト(適量)は4〜8等分に切る。ツナ缶(70g)は油をザッと切る。缶の油の半分位は使って大丈夫。醤油(大さじ1)に柚子胡椒(チューブ4cm位〜)をよく溶き、ツナ缶・プチトマトを和える。ここへ、茹でて水で冷ましたパスタ(乾100g分)を加えて皿に盛り、千切りの青じそ(適量)をトッピングする。美味しかったです!111.png

上記の「醤油&柚子胡椒」の代わりに、ポン酢(大さじ1強〜)で味付けしても美味しかった!111.png 又、そこへ胡麻油(少量)を加えても美味しかったです!111.png

[PR]

トマトのオープンサンド

e0264003_16401297.jpg
ネットで見掛けたのを自己流に作ってみた。101.png 食パンのミミを切って辛子バターを塗り、スライスしたカラートマトを乗せたら出来上がり。ジューシーで美味しいが、このままではアッサリし過ぎかな?という感じ。速攻で「蛋白質が欲しいっ!」と思った。そこで辛子バターではなく、スライスチーズにしてみたら…はい!こちらの方が良いかも!美味しかったです!111.png 次に辛子マヨネーズでも試してみたが、こちらも美味しかったです。111.png (マヨネーズは気持ち多めに塗っても良いかも)
[PR]

ナンピッオン(ナムプリックオン)

e0264003_01001102.jpeg
20年以上前に住んでいたアパートの隣室に、日本人男性とタイ人女性の御夫婦が居た。タイ人奥さんと私は親しくなり、お互いに簡単な料理を教えたりもした。当時の私はタイ料理にさほど興味は無く(辛いのが苦手)、教えて貰った料理は少しだけ。今考えると勿体ない!122.png
一番印象的だったのがこの料理で、その後も何回か(自己流にアレンジしながら)作っていた。今回、昔に自分が書いたレシピを探してみたら…何と奇跡的に見つかったので、ほぼ当時のメモのまま記してみます。101.png

①にんにく(2〜3片)を皮付きのまま網で焼き、皮を剥きスライスする。
②玉ねぎ(1ケ)は、みじん切りにして炒める。
③すり鉢で①と②を粗く潰し、一味唐辛子(小さじ1/2〜1)・塩(小さじ1/2〜1)を加える。
④プチトマト(2パック位)のヘタを取り、半分に切る。
⑤豚挽き肉(200〜250g)と③④を炒め、プチトマトを潰す。
⑥シユーカオ(タイの大豆醤油)とナンプラー(各適量)を加え、お好みの塩気まで味付けする。

タイ人奥さんの発音通りだと、この料理はナンピッオン、ピッは唐辛子だと言っていた。最近「ナンピッオン」と検索してみたが、どうも「ナムプリックオン」だと分かった。プリックは唐辛子、オンは豚だそうで、レシピも色々あるらしい。そのタイ人奥さんは、きっと日本で入手出来る材料で私に教えてくれたんだと思う。
ナンピッオンはタイのポピュラーな家庭料理で、いわゆる肉味噌ディップ。タイでは生野菜・ゆで野菜などに付けて食べるらしいが、私はずっと御飯に乗せて食べる物だと思っていた。106.png とても美味しくて、私にとっては懐かしいナンピッオン。パクチーが無かったので、青ネギを散らしてみました。106.png
e0264003_01002725.jpeg

[PR]

トマト入り炊き込み御飯

e0264003_14110137.jpeg
ネットでトマトの炊き込み御飯を知り「本当に美味しいの?」と驚いた。初めての味は試したくなるオバサンは早速、作ってみた。でも怖くもあり、今回は1合分だけ炊いてみた。106.png (検索したレシピを参考に、全ての分量は自己流)
トマト(120〜150gのもの1ケ)は芯を取り、皮ごと4〜8つに大きく切る。洗って水に浸した米(1合)に、水(炊飯器の目盛りは0.5合分まで)・昆布茶顆粒(小さじ1)・トマト(切って出た水分も)を加えて炊く。炊き上がって蒸らしたら、トマトを潰しながら混ぜる。茶碗に盛り、今回は青じそを乗せて頂いた。さっぱりしているのに本当に美味しかった!111.png びっくり!
昆布茶顆粒はお好みで、この量より少し少なくても少し多くてもOKだと思う。又、昆布茶顆粒ではなく塩昆布でもOKだしツナ缶を加えるレシピもあるようで、それもまた作ってみたくなった。110.png
e0264003_14111385.jpeg

[PR]

ネギ塩ダレのトマトサラダ

e0264003_21433932.jpeg
e0264003_21435026.jpeg
長ネギを使い切りたくて、オバサンが考えたレシピ。101.png 塩(小さじ1/2〜2/3)・水(大さじ2)をよく混ぜて溶かす。長ネギ(細かいみじん切り・気持ち多め)と胡麻油(小さじ2〜3)を加え、冷蔵庫で数時間〜1日おく。時間が経った方が、ネギの強烈な香りも塩気の角も取れて味が馴染みます。101.png
今回はキュウリとトマトに掛けて頂いたが、美味しかったです!111.png 豆腐や蒸し鶏に掛けても良いと思う!胡椒or 粗挽き黒胡椒を加えても良いと思いますが、長ネギの辛味だけでもピリリとして美味しかったです。
e0264003_21440459.jpeg
e0264003_21441738.jpeg

[PR]

トマトのオープンオムレツ

e0264003_00075221.jpeg
ネットで見掛けた料理を自己流で作ってみた。101.png 卵(1ヶ)・スライスチーズ(1〜2枚)・お好みで塩胡椒(少量)を混ぜ、フライパンで焼く。少し固まってきたらスライスしたプチトマトを乗せ、お好みの硬さまで焼く。101.png
本当はもっと半熟に焼きたかったのだが…大きめに焼いてしまったので破かずに皿に乗せる自信が無く、仕方なくしっかり目に焼き上げた。味は美味しかったです!111.png
e0264003_00080157.jpeg

[PR]

バジル入りツナトマトサラダ

e0264003_22481125.jpg
バジルが安く買えたので、やっぱりトマトとチーズと合わせて何か料理したくなった。今回は簡単に、ツナ・プチトマト・クリームチーズ・バジルを皿に盛っただけ!106.png それなのに美味しい!バジルの香りも良い!これをそのまま食パンに乗せて頂いたら、とても美味しかった!111.png

[PR]

麻婆トマト(2種)

e0264003_19103895.jpg
トマトは大きめに切る。豚ひき肉(or 合挽き肉)を炒め、オイスターソース1 : 醤油1 の割合で味付けし、同時にトマトも加えてサッと炒める。仕上げに胡麻油を少々垂らし、皿に盛る。101.png このまま頂いても美味しいが、次のようにしても美味しかった!111.png

e0264003_19103933.jpg
上記の麻婆トマトを、溶き卵でとじるようにして炒める。こちらも美味しかったです!111.png

[PR]

トマトの和だし漬け

e0264003_01125553.jpg
トマトが安く買えた。そのまま食べても良いけれど、何か料理してみたいな…と考えてみた。水100ml・和風だし顆粒(小さじ1/2)・醤油(小さじ2〜3)・砂糖(小さじ2〜3)・胡麻油(小さじ1〜2)をよく混ぜ、皮を剥いたトマトを数時間、浸す。101.png 胡麻や青じそを加えても美味しいです!111.png
e0264003_00051176.jpg


[PR]

和風トマトだれ(2つ)

e0264003_16522998.jpg
e0264003_17593006.jpg
プチトマトが数ヶあったので、細かく刻んで濃縮タイプの麺つゆ(原液のまま)を適量かけておいた。一晩置いて味が馴染んだ頃、冷奴に掛けて頂いてみた。…お、美味しい〜!111.png これは他にも合いそう!鶏肉を(薄味の下味で)唐揚げにして、このトマトだれを掛けてみた。…お、美味しい〜!111.png ドレッシング代わりに生野菜に掛けても良さそう!
麺つゆだけでなくゴマや胡麻油・小口切りにした青ネギ・みじん切りにした青ジソ等を加えても、きっと美味しいと思う!110.png

[PR]