人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ぼっちオバサン食堂

青小梅の麺つゆ昆布漬け(リベンジ)

青小梅の麺つゆ昆布漬け(リベンジ)_e0264003_12144293.jpeg
昨年、青い大粒の梅で作ってしまった「麺つゆ昆布漬け」(↓)だが、今年はレシピ通り小梅で作りリベンジした。101.png

「青梅の麺つゆ昆布漬け」2021年6月27日up

山梨県で、よく漬けられるらしい。なので、使う麺つゆは「ビミサン」との事。オバサンの生活圏内では中々見掛けないのだが、偶然に立ち寄ったスーパーで売られていたので「ビミサン」が買えた♪
この「ビミサン」は5倍濃縮タイプなので、東北の方なら同じく5倍濃縮タイプの「味どうらくの里」を使ってはどうだろう?本物のレシピとは違う味だろうが、似た味に作れるかもしれない。101.png

↓ビミサンと塩昆布で漬けた直後
青小梅の麺つゆ昆布漬け(リベンジ)_e0264003_20593979.jpeg

↓4日後
青小梅の麺つゆ昆布漬け(リベンジ)_e0264003_12271402.jpeg

漬けて3日後から食べられるそうなので、4日目に試食してみると…美味しいっ!111.png 梅の酸味は強烈ではないが残っているので、爽やかな漬け物という感じ。5倍濃縮タイプの麺つゆ&塩昆布で漬けたので塩気が心配だったが、そんなに強烈な塩気ではなかった。(小梅だから、そう感じたのかな?もう少し大きめな小梅だったら、やはり塩っぱいかな?昨年も思ったが、2〜3倍濃縮タイプの麺つゆではダメなのかなぁ?)

小梅だしカリカリと美味しく、パクパク食べてしまうので塩分注意だ。106.png
漬けた後の汁は、2〜3回は充分に使えるそう。又、その後も捨てずに、普通の麺つゆとして煮物や素麺つゆ等に使えるそう。101.png
カビ防止とカリカリ食感を保つ為に、冷蔵庫で保存。
「ビミサン」は使わず、他の麺つゆ・醤油・みりん等で作るレシピもネットにはありました。101.png
小梅と言っても、漬けるともっと小さくなるので、少し大きめの小梅が良いかも。
青小梅の麺つゆ昆布漬け(リベンジ)_e0264003_12272864.jpeg

パープルクィーンで梅シロップ

4月の事。昨年買ったパープルクィーンが、まだ冷凍庫にあったので梅シロップを作った。パープルクィーンとは…↓
(和歌山県のホームページから引用させて頂きました)


パープルクィーン(小梅)

ワインのような梅酒・梅ジュースができる鮮やかな紅紫色の小梅
日本で唯一、JA紀南だけが栽培している希少な品種

パープルクィーン(小梅)(PDF形式 69キロバイト)

パープルクィーンとは

パープルクイーンの写真
パープルクイーンカクテルの写真
  • 特徴
    果皮が鮮やかな紅紫色の小梅で、アントシアニンが一般的な梅より多く含まれている。
    日本で唯一、JA紀南だけが栽培しており、生産量も少ない希少な小梅 (1個5グラムから6グラム程度)。
  • 食べ方
    梅ジュースや梅酒に利用すると、ワインのような鮮やかな紅紫色に仕上がる。
  • 来歴
    昭和57年、小梅「白王」の枝変わりとして田辺市三栖の廣畑治さんにより発見され、平成8年に品種登録。平成17年JA紀南が廣畑さんから育成権を譲り受けた。

  • 5月下旬から6月上旬
  • 産地
本当に美しい小梅なのだ。以前にこれで梅シロップを作ったら真っ赤な梅シロップが出来たので、また作ってみた。

↓漬けて1〜2時間後
パープルクィーンで梅シロップ_e0264003_23410096.jpeg
↓漬けた翌日 
パープルクィーンで梅シロップ_e0264003_23094517.jpeg
↓漬けて3日目、かなりシワシワ
パープルクィーンで梅シロップ_e0264003_15252910.jpeg
昨年は、カスカスに軽〜くなるまで果肉が無くなった種を、市販の赤じそ液に漬けて梅干し(梅漬け)にしたが、果肉がふっくらするまで非常に月日がかかった。なので今回は、まだ果肉が柔らかく残っている内に引き上げ、赤じそ液に漬けた。
パープルクィーンで梅シロップ_e0264003_16094341.jpeg
パープルクィーンで梅シロップ_e0264003_16100013.jpeg
↑漬けた直後

↓漬けて3日後。もう、ふっくら。
パープルクィーンで梅シロップ_e0264003_13340495.jpeg
パープルクィーン自体が赤いので、赤じそ液だけで漬けた梅漬けよりも鮮やか!

↓1年前、小梅で作った梅シロップの梅を、赤じそ液に漬けたのが左側(楕円形の小皿)。
パープルクィーンで梅シロップ_e0264003_13562278.jpeg
↑右側の四角い小皿が、今回のパープルクィーンで作った梅シロップの梅を、赤じそ液に漬けたもの。
やはり、こんなに色が違う。

パープルクィーンで作った梅シロップは、とても綺麗で美味しかったです!111.png
(↓水で薄めて梅ジュースに)
パープルクィーンで梅シロップ_e0264003_18353638.jpeg

ウドで(味噌汁・和え物・卵とじ・天麩羅)

ウドで(味噌汁・和え物・卵とじ・天麩羅)_e0264003_21520860.jpeg
また山ウドが買えた♪ 嬉しい〜!110.png (どの店でも常時、売っている訳ではないので、数日間スーパーで探した。106.png )
スーパーに並んでいたのは全身真っ白の東京産のウドだったが、その横にひっそりと1本だけ、少し緑色の群馬県産の山ウドがあったので購入!

まず作りたかったのは、ブロ友さんに教えて頂いた「ウドの味噌汁」。特に油揚げとウドの組み合わせが美味しいとの事。101.png
ウドで(味噌汁・和え物・卵とじ・天麩羅)_e0264003_19110523.jpeg
作った直後の「ウドの味噌汁」を味見してみると…汁は、単に味噌の風味だけ。でも、それはオバサンは予想していた。数十分〜数時間おき、温め直すと…汁だけ飲んでもウドの風味・旨みのたっぷりある、凄〜く美味しい味噌汁だった!110.png ブロ友さんも仰っていたが、使う味噌が少なめでも、ウドからジワジワと旨みが出て来るのか非常〜に美味しい!111.png
そしてブロ友さんのオススメ通り、油揚げとの組み合わせが凄く合う。汁だけでも美味しいのに、口一杯にウドと油揚げを頬張ると、幸せを感じるほど美味しかったです!111.png

次は「ウドとカニカマのマヨ和え」101.png
ウドで(味噌汁・和え物・卵とじ・天麩羅)_e0264003_21471972.jpg
先日の「ウドのツナマヨ和え」が美味しかったので、今回は冷蔵庫にあったカニカマで作ってみた。
ウドはお好みの形にスライスし、カニカマとマヨネーズで和えるだけ。マヨネーズだけでも良いが、味見をして塩or 醤油を少々足してもOK。美味しかったです!111.png

最後は、ウドのパッケージに紹介されていた「ウドの卵とじ」101.png
ウドで(味噌汁・和え物・卵とじ・天麩羅)_e0264003_21472171.jpg
詳しいレシピは書かれていなかったので、オバサン流に適当に作ってみた。
今回ウドは、あられ切りに。オリーブ油でサッと炒め、溶き卵に加える。ここに中華だし顆粒(or 和風だし顆粒or コンソメ顆粒)を適量加え、サッと炒めて卵とじにする。ウドの香と食感が良く、美味しかったです!111.png
味付けはダシ顆粒ではなく、きっと市販の麺つゆでも美味しいと思う。

そしてウドの先は、今回も天麩羅にした。101.png
ウドで(味噌汁・和え物・卵とじ・天麩羅)_e0264003_18302074.jpeg
ほろ苦くて美味しかったです!111.png

姫竹の子で(2種類)

姫竹の子で(2種類)_e0264003_01180746.jpeg
先日スーパーで、生の姫竹の子が売られていた。オバサンの生活圏内では滅多に見掛けないので、安くはないが買ってみた。101.png (茹でた姫竹の子は毎年この時期だけ売られているが、1店でしか見た事はないし、とても高い。105.png )

皮付きのまま10分茹でると、とうもろこしのような良い香が…♪
姫竹の子で(2種類)_e0264003_01171877.jpg

根元の方は輪切りにし、油揚げと炊き込み御飯にした。歯応えも良く、美味しかったです!111.png
姫竹の子で(2種類)_e0264003_22241623.jpeg

先の方は、油揚げと含め煮にした。
姫竹の子で(2種類)_e0264003_13332555.jpeg
綺麗な色に仕上げたかったので、ダシをきかせて麺つゆを少量加えた。姫竹の子の歯応えがとても良く、美味しかったです!111.png
姫竹の子で(2種類)_e0264003_01183448.jpeg
姫竹の子で(2種類)_e0264003_22250438.jpeg

生らっきょう入り卵焼き

生らっきょう入り卵焼き_e0264003_01004015.jpg
特にらっきょうが好きという訳でもないが、ブログを始めてから他の方が漬けているのを見て、3〜4年前からオバサンも漬けるようになった。101.png

しょっちゅう食べる訳ではないので、100〜200g漬けても翌年まで残る。だからもう漬けなくても良いと思っていたが、今年は「生らっきょうの味噌汁」が作りたかったので、やはりスーパーで購入した。

ほとんどのスーパーでは1kgずつ売られているが、独り者 は500gでも持て余してしまう。しかもスーパーで500gパックは、そんなに売られていないのだ。先日ラッキーな事に1つだけ売られているのを見掛け、オバサンは直ぐ手に取った♪
「生らっきょうの味噌汁」も、使ったらっきょうは数ヶだけ。残った400g以上のらっきょうは、今年は興味のあるレシピで漬けてみた。101.png (後日、up予定です)

今回の「生らっきょうの卵焼き」は、その漬けたらっきょうの残りを使った料理だ。101.png
らっきょうの皮を剥いて根を切る。上の茎部分もある程度切るが、それは捨てずに小口切りにする。オリーブ油で、この小口切りのらっきょうをサッと炒め、溶き卵に加えて卵焼きにする。(らっきょうは炒めずに、生のまま溶き卵に加えても良かったかも)

今回は、あえて卵には何も味付けをせず焼いてみた。そのまま食べてみると…味は付けていないのに、とても美味しい!111.png (らっきょうから旨みが出るのかな?)
ケチャップで食べ、だし醤油で食べ、大根おろし+醤油で食べ、どれも美味しかったです!111.png
料理した生らっきょうは、食感・味ともにエシャレットor 長ネギに似ていると思う。

小口切りのらっきょうを多量に混ぜたせいか、後でお腹PPになりました…。105.png